税理士なら京都・吉本事務所におまかせください。京都市右京区で税務・社会保険労務士・行政書士・保険代理店業務を承っております。フリーダイヤル0120-101-628までお電話お待ちしています。
> 相続の放棄について(30)

 

相続の放棄について

 

二子山親方の相続で花田勝氏が相続の放棄を申出て話題になっていますね。遺産は○億円とも言われていますが、花田勝氏は相撲界から身を引いているからという理由で放棄されるようですね。

 

他に相続の放棄をする場合ってどんな時でしょうか?

 

相続財産がプラスの財産よりも借金の方が多い場合などにします。相続はプラスのイメージがありますが相続人が知らないところで被相続人が多額の借金をしていて、知らずに相続すると大変なことになった、というようなケースもあります。ですので相続が発生した場合は、どのような財産があるかよく調べる必要があります。

 

相続の放棄の申請期限

 

相続の放棄は相続があったことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に申請しないといけません。
しかし、膨大な財産で3ヶ月以内には調べられない等の理由があればその期限の延期を申請することも出来ます。

 

ご質問等あれば吉本税理士事務所までお気軽にお問合わせ下さい。

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。

 

お問い合わせ