税理士なら京都・吉本事務所におまかせください。京都市右京区で税務・社会保険労務士・行政書士・保険代理店業務を承っております。フリーダイヤル0120-101-628までお電話お待ちしています。
> 贈与税の基礎控除と計算方法(32)

 

贈与税の基礎控除と計算方法

 

基礎控除額

贈与税の基礎控除額は110万円です。これは皆さんよくご存知ですね。

ただ、間違って理解されていることがたまにあります。

■例 A
さんがBさんから100万円もらいました。またAさんはCさんからも100万円もらいました。
この場合、それぞれ110万円以下だから贈与税はかかりませんね? と聞かれることがありますが、贈与税はかかります。
贈与者一人につき110万円の基礎控除でなくて受贈者一人につき110万円です。

 

■計算式は
(100万円+100万円)- 110万円 = 80万円 となり、80万円に対して贈与税がかかってきます。
この場合の贈与税額は 80万円 × 10% = 8万円 となります。

 

贈与税の税率

贈与税の税率は10%から50%までで、累進課税となっていて、贈与額が大きくなればなるほど税率が大きくなります。

 

■贈与税の速算表

基礎控除後の

 

課税価格税率控除額
200万円以下10% 
300万円以下15%-10万円
400万円以下20%-25万円
600万円以下30%-65万円
1000万円以下40%-125万円
1000万円超50%-225万円

 

 

課税期間

 

また、贈与税は暦年(1月1日から12月31日)で計算します。ですので年をまたがって12月に100万円、
翌年の1月に100万円の贈与であれば、それぞれ110万円以下なので贈与税はかかりません。

 

各種控除・軽減規定

 

贈与税の基礎控除額110万円の他に

・贈与税の配偶者控除
・住宅取得資金の贈与の特例
・相続時精算課税制度による贈与

などを適用すると贈与税が軽減されます。これらの規定の解説はまた今後していく予定です。

 

ご質問等あれば吉本税理士事務所までお気軽にお問合わせ下さい。

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。

 

お問い合わせ