税理士なら京都・吉本事務所におまかせください。京都市右京区で税務・社会保険労務士・行政書士・保険代理店業務を承っております。フリーダイヤル0120-101-628までお電話お待ちしています。
> 医療費控除について

 

医療費控除について

 

 

 1月1日から12月31日までに支払った医療費がたくさんあった!という場合、『医療費控除』という制度を使えば、所得税や復興特別所得税が還付される場合があります。

また、この医療費控除は、生計を同一にしている、本人と家族が支払った医療費の一部を控除する(差し引く)ことができるのです。

ただ、一つ気を付けていただきたいのが、確定申告をしている人が対象になります。

ですから、会社員であっても、確定申告をする必要があります。

しかし、給与から天引きされた税金が還付金として戻ってきますので、今年はたくさん医療費がかかったなあと思われる方は、ぜひこの医療費控除の制度を使ってみてください。

また、自営業の方も税金の負担が軽減されます。


 

【医療費控除の計算方法】

  ・所得金額が200万円以上の方

  医療費控除の額(最大200万円)=その年中に支払った医療費―保険金などで補てんされた金額―10万円

 

  ・所得金額が200万円未満の方

  医療費控除の額(最大200万円)=その年中に支払った医療費―保険金などで補てんされた金額―その年の所得金額×5%

  

 ※注意点

  例えば、医療費控除の額が10万円の場合→10万円が返金されるのではありません。

  10万円×所得税率(所得により変わります。)・10万円×住民税率が還付されます。

 

  

 (2019年4月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。

 

お問い合わせ

☆お問合せフォームは24時間受付中です。