税理士なら京都・吉本事務所におまかせください。京都市右京区で税務・社会保険労務士・行政書士・保険代理店業務を承っております。フリーダイヤル0120-101-628までお電話お待ちしています。
> 年次有給休暇の年5日以上の取得義務化について

 

 

年次有給休暇の年5日以上の取得義務化について

 

 2019年の4月から全ての企業において、年10日以上の有給休暇を付与されている労働者は、年5日については使用者が取得する日を指定して、有給を取得してもらうように義務付けられています。

これは、『働き方改革』の一環で、やはりまだまだ有給を取得しにくい会社が多いので、義務化に至ったという事です。

また、使用者が有給の日を『指定』するといっても、労働者の意見を聞いたうえで、使用者が労働者の希望に出来る限り配慮した日に与えなければいけません。

有給は、労働者の希望があれば、半日単位でも取得可能です。

 

 (2019年5月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。

 

お問い合わせ

☆電話は平日8:30〜17:30、WEBからの見積・予約は24時間受付中です。