税理士なら京都・吉本事務所におまかせください。京都市右京区で税務・社会保険労務士・行政書士・保険代理店業務を承っております。フリーダイヤル0120-101-628までお電話お待ちしています。
> 雇用保険の加入条件

 

 

雇用保険の加入条件

 

雇用保険とは条件を満たしていれば、必ず加入しなければいけない保険になっています。

そうすると、もちろん条件はありますが、最もよく知られているメリットとして、失業した時に給付される「基本手当」というものが給付されます。

これは、通称「失業保険」と呼ばれるものです。

 

《雇用保険に加入する条件》

 ・1週間に20時間以上働いていること

 ・31日以上働く見込みがあること

 ・学生ではないこと(休学中であったり、卒業見込みであり、そのまま雇用される予定であることなどの例外もあります。)

 

雇用保険は、パートであってもアルバイトであっても、1週間の労働時間と雇用期間によって加入義務があるかないかが違います。。

例え、試用期間中であっても同様です。

 

なお、個人経営されている農林水産業で、そこで働いておられる方が5人未満である時は、雇用保険に加入するかしないかは任意となりますのでその点もご注意ください。

また、季節労働者や日雇い労働者においては、違う条件があります。

 

 

 

 

 (2019年6月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。

 

お問い合わせ

☆電話は平日8:30〜17:30、WEBからの見積・予約は24時間受付中です。