税理士なら京都・吉本事務所におまかせください。京都市右京区で税務・社会保険労務士・行政書士・保険代理店業務を承っております。フリーダイヤル0120-101-628までお電話お待ちしています。
税理士京都TOPページ > マイナンバーカードによる健康保険料

 

 

 

マイナンバーカードによる健康保険被保険者

 

 

 皆さん、マイナンバーカードはもう取得されましたか?

申請するのが、面倒くさいなあと思ったり、現在、一部のスマホの決済等を悪用して、銀行口座から不正にお金を引出す事件があったりして、何だか嫌だなあと思われる方も多いかもしれませんね。

 しかし、これから先、マイナンバーカードはどんどん便利なカードとして活用されそうです。

そのうちの1つとして、健康保険被保険者証として使えるようになるので、そのことについて書いてみたいと思います。

 

【いつから健康保険被保険者証として使えるの?】

  令和3年3月からマイナンバーカードが健康保険被保険者証として使えるようになる予定です。

 

【いつから、登録できるの?】

  マイナンバーカードを健康保険被保険者証として使えるようにするには事前登録が必要です。

事前の登録は、令和2年8月から開始していて、マイナポータルという政府が運営しているオンラインサービスを介して、パソコンやスマートフォンから簡単に登録できます。

でも、スマートフォンからの登録なんて、面倒くさいしよくわからないとおっしゃる方もいらっしゃいますよね。

その場合は、各市区町村において、マイナポータル用の端末が設置されているようです。

ただ、その端末を健康保険証の利用申込に利用できるかどうかは、各市区町村で取扱いが異なるようですので、詳しくは各市区町村にお問合せください。
なお、令和3年3月(予定)以降は、医療機関等での窓口においても手続きが出来るよう検討されているようで、そうなればさらに手軽に手続きできますよね。

 

もちろん、令和3年3月以降も、現在お持ちの健康保険証を使用することもできますのでご安心ください。

ただ、マイナンバーカードを持参しても、オンライン資格確認が導入されていない医療機関・薬局では、引き続き健康保険証が必要ですのでお気を付けください。

 

 

 (2020年9月記載)

 

トピックスに戻る

 

 

(注)当ホームページに記載しております情報の正確性については万全を期しておりますが、 これらの情報に基づき利用者自らが税務申告や各種手続きをされた場合の税務上その他 一切の法律上の責任は保障することはできません。ご了承ください。

 

お問い合わせ

☆電話は平日8:30〜17:30、WEBからの見積・予約は24時間受付中です。 
◎弊所では所員のマスクの着用や除菌液の設置、こまめな換気などでコロナ対策を致しております。安心して御来所ください。